オンライン入力など難しい事が苦手な方に大評判の出張車査定業者

今や、車査定の見積もりを出すのに欠かせないのが、オンラインでの概算見積もりサービスです。

 

パソコン操作に慣れた方にとっては、車査定に出したい車両のメーカーや車種、年式、走行距離とその他の事項を自宅のパソコンから入力するだけで、沢山の業者からの車査定見積もりがゲットできるとても便利なサービスです。

 

しかし、オンラインでの入力操作などに手馴れていない方や、パソコンが手元にない方にとっては、このようなオンライン操作はとても不自由なものです。

 

そこで利用したいのが、実際に業者のスタッフが自宅まで出向いて来て車査定をしてくれる、出張車査定サービスです。

 

この出張車査定サービスを利用するには、まず業者にフリーダイヤルを利用して車査定の依頼をします。

 

全て電話窓口でのスタッフとのやり取りができるんので、パソコンを起動する必要すらありません。

 

口頭で出張日を予約し、依頼者はその日までに対象となる車と、車検証を用意して待っておくだけです。

 

 

そして当日になれば、業者からスタッフがやってきます。

 

 

車のメーカーや車種、年式、走行距離についても、スタッフがみずからひとつひとつの項目をチェックしていくので、車に詳しくない場合も安心で、自己申告の心配も要らないと大変評判です。

 

また、内装や外装、エンジンルームの状態についても丁寧にチェックを進めてクルマの全体の状態を評価します。

 

もし依頼者からの希望やアピールポイントがあればそれも詳しくヒアリングしてくれるので、愛車にこだわりを持っている方にも大変評判のよいサービスです。

 

スタッフによる査定が終わると、車査定の見積もりが提示されます。

 

この際にも、全国の買取店舗による相場価格やシミュレーションが紹介されたり、市場でのニーズなどの情報が詳しく説明してもらえるので、より査定価格に納得した上での買い取りを依頼することが可能です。

 

スタッフが提示する見積もりに同意する場合は、その場で買取手続きを進めることもできます。

 

売却の際に用意しておきたいものは、車検証、自賠責保険証明書、納税証明書、これに所有者の実印と印鑑証明書、場合によっては住民票など住所が証明できるもの、自動車リサイクル券などです。

 

もし売却に必要な書類について分からないことがあっても、なんでも業者スタッフが丁寧に説明してくれるので、年配の利用者や女性からも大変分かりやすかったと評判が高いのが出張車査定サービスの魅力のひとつです。